力が抜ければうまくいく。

お客さんによく聞かれる質問に、どんな筋肉の状態がいいのですか?というのが多い。その時にはこういう風に答えることにしている。

 

良い状態の筋肉というのは、ちゃんと伸びたり、縮んだり出来るといい感じです。伸びも縮みもできずに、中途半端で力が入ったままだと、いい状態とは言えません。つまり使ってないのにずっと力が入っていると、筋肉は疲れてしまうのですね。

 

寝た状態でも、なんとなく、背中に力が入った状態とか、太ももに力が入ったままだとか、そういう状態で、寝てしまうと、寝てもあまり疲れが取れなかったりします。力を入れるよりも、弛緩の方が意識を使ってやっても難しいのですね。

ぐっすり寝得るためにも、ちゃんと力が抜ける体の方がいいですね。力が抜ければ、大体のことはうまく出来ます。ロルフィングは力がちゃんと抜ける体作りでもあるのです。

 

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト