人生の正午

ユングは、人の一生を1日の太陽の進行になぞらえ、人生を日の出から日没までの4つの時期に分けました。人生の午前から午後への移行期(40才前後)である中年期の転換期を人生最大の危機と考えました。俗にいう男性の厄年などがここに当たる場合が多いような気がします

 

人生の午後における課題は、人生の前半で排除してきた自己を見つめ、それを自己の中に取り入れることであるとしました。それまでの人生で作って来たものが大きいと、自分が排除してきたものを受け取れずに、自分の中で葛藤が始まります。

 

俗に言うドッペルゲンガー(影の自分)というのは、これなのではないでしょうかね。意識が強すぎると、その影に襲われることさえありそうです。影と再統合し、一元化した自分自身を前に進めていけると、人生は正午過ぎにそれまで以上に光り輝き、羽ばたいていけるのではないかと思います。影は中からやってくるのでなく、外からやって来るのが面白いところです。自分が投影してきた自分に自分が襲われる、そんな感じでしょうか。


 

ロルフィングは、体の体験ですが、フィードバック的な要素が多いので、まさにこの作業を体で行なっているように思います。人生の正午を感じている方は、そのタイミングでロルフィング受けること、僕的にはお勧めしたいと思っています。体の違和感、生きている現実感に葛藤があるとしたら、無視せずに自分だけで頑張らないことが大事だと思います。身体にも正午があります。