ロルフィングのアプローチ

ロルフィングのセッションをする場合の、ロルファーがどうやってアプローチをしていくか。アプローチのタクソノミー(分類法)には、いくつかの種類があります。ロルファートレーニングでも習う代表的なものを書いておくと、

1構造的なアプローチ 骨とか筋肉とか構造的にみていきます。

2機能的なアプローチ 可動域とか、動きとか、制限とか見ていきます。

3幾何学的なアプローチ 体が本来持つ、全体的な性質、方向性や、前後、上下、左右、三次元空間の中の確保されていくスペースとかからアプローチします。

4精神生物学的なアプローチ 精神状況や考え方、感じ方、また胎生学的なアプローチを指します。

5エネルギー的なプローチ 身体のエネルギーの現れ、勢い、流れ、エネルギーが塞がれている、開いているとか、動きやパターンで内と外でのエネルギーの現れ、厚み、太さ、などからアプローチします。

 

こうして書いて見ると、10シリーズのセッションでは、ほぼ全てのアプローチを使用しているように思います。僕の場合は、これ以外に心理的なアプローチ、イメージや表現的なアプローチ、関係性からのアプローチなども併用しています。これは、カウンセリングの世界でいう所のカール・ロジャーズのクライアント中心主義ということを考えていたらツールとして良いものが色々あって、色々と興味が進んでしまったのもあります。確かにあまり広げていくと、クラシカルなロルフィングからすると、どこまでがロルフィングなのかと思える面もありますが、昨年アドバンストレーニングのインストラクターであったレイから聞いた話ですが、「ロルフィングでないものは何か?」という問いを我々ロルファーに投げかけました。そんなこともあり、僕はロルフィングの文脈でこれまで扱っていたものでないものも、ロルフィングにぶつけていくことを自分として行なっている面があります。

 

何と出会っても、ロルフィングはロルフィングで、そうして社会や世界の様々なものの中でこそ、ロルフィングは発展していくのではないかと思っています。ロルフィングは完成した体系ではなくて、まだまだ発展途上のボディワークで、これからも変わっていくし、社会の中で交わっていかないといけないのだと思っています。一つ知っていって欲しいのは、ロルフィングは、人間の身体が本来持っている潜在能力や自然な治癒力を引きだしていく画期的なプログラムだということです。これはどんなタクソノミーが生まれてこようが変わらずに実現されていくものだと思います。