· 

パリントニシティ

 

 ロルフィングの原理原則の一つにパリントニシティという概念があります。多分、ロルフィングでの造語です。

 

二方向性という風に訳され、身体にかかる力の向きは二方向性を持って動的に拮抗にてバランスが取られているというような意味で使います。

 

パリントニシティ的な感性を身につけると体の使い方が一段階バージョンアップしていくようになります。空間の使い方、踊りの幅が広がり、空間の使い方が向上していくでしょう。たた立っている時も、歩いている時も、もちろん関係してきます。

 

 

さて、全くの新しい概念かというと、そうではなくて、たとえばギリシャ時代の哲学者にヘラクレイトスという人がいます。彼は色々な概念を残していますが、たとえば世界の秩序と調和とは、対立するものがせめぎ合い、正反対の方向へと働く2つの力が拮抗する逆向きに働き合う調和である。という言葉を残しています。

 

逆向きに働き合う調和。人間は、どうして一なるものが、自己自身と反目しつつ、同時に、自己自身と一致するかということを理解しないのか。それは、弓や竪琴にみられるような逆向きに働き合う調和なのである。

 

またドイツの哲学者ニーチェは『ツァラトゥストラはかく語りき』における、「深淵の上にかかる一本の綱」の箴言になぞらえて、こんな風に語ります。

 

調和とは、竪琴の上に張り渡された一本の弦なのだ。

それを強く引き絞るのも危険であり、力を緩めて弛ませるのも危険であり、

戦慄して、音を奏でる手をとめるのも危険である。そして、そのような闘争と緊張状態の極限において、世界全体においても、一人一人の人間の人生においても、動的な調和が存立している、と。

 

身体において、正反対の方向へと働く2つの力が拮抗する逆向きに働き合う調和。またこの動的な調和みたいな性質。これらをパリントニシティとしたのだと思います。

 

人間に起こることは、人間の体にも、人間の発想にも、人間の行動にも、人間が作り出したものにも、人間関係にも、全て同じように反映を繰り返していくものだと思います。

 


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト