· 

自己表現する

体感として色々な変化がありました。例えば体が大きくなったり小さくなったり、笑。大きくなった。というのは広がった感じ、ふわふわした感じ。小さくなった。というのは、質量がずしっとした感じ、緻密になった感じ。抽象的な言い方ですが、そういう不思議な感覚が沢山得れるセッションであるという印象です。大きいのがいい。小さいのがいい。というのでなくて、それぞれ、体がまとまっている感じで、それぞれの身体感覚がそれぞれいい!と思える自分という身体観。新しい身体を得れた、選択肢が増えた感じです。それは特に下半身をやった時に感じました。(→全文

 

 

(ロルファーコメント)

身体者にとって、イメージできる選択肢が増えることは大変有益だと思います。それは身体表現でもそうですし、言語でもそうですし、人生に置ける選択肢でも同じだと思います。上記の文章も読むとなんだこれ?と思われる方も多いでしょう。しかし知覚には本来はこれだけ多くのバリエーションがあったのです。自分の可能性は、こうして知覚を開いたところで、自分で気づいていくものだと思っています。教わるのでなく、自分で感じて、自分で表現していくのです。