行きはよいよい

 

 

おはようございます。

今日もいい天気ですね。

 

写真は、出張に向かう友人から届いた今朝の富士山です。

(富士山を見るとやっぱりありがたい!って感じがしてきます。)

 

 

富士山は、二十代に一度登ったことあります。今から思うと、当時ハイカーではなかった僕にとってかなりのチャレンジでした。行きはいい調子でしたが、下りでは「膝が笑う」というのを初めて経験したのを覚えています。帰りは、やはり、笑うのがいいですね。

 

今は、誘われてもちょっと躊躇する場所の一つですが人生で一度位、登ってもいいかも知れません。その経験はその後の人生に影響を与えるような経験となると思います。


 

ロルフィング10シリーズも、一生に一度は、経験して欲しいことの1つです。10回のシリーズで、身体状況が変わっていくのはもちろんですが、それ以外にも様々な経験したことのない新しい経験をすると思います。身体が一度360度に開いて、その後の自分の過ごしやすい身体へと落ち着いていきます。

 

知らないものは知り得ないように、経験しないことにはその感覚がわからないのだと思います。ロルフィングは経験主義、身体が次の行き先を教えてくれる、あれこれ考えていても先には進みません。 

 

僕が、10シリーズを受けたのは43歳の時、10シリーズを受けて、その後の人生が大きく変容し始めました。後から振り返るとある意味、富士山に登った時よりも大きな変化でした。

 

変化はすぐに現れたし、ジワジワとゆっくりと変化していく変化です。僕はロルファーになり、その後も変化し続けてます。