クライアント・インタビュー【NKさん/教育関係】

 

仕事で疲れると、肩に負担がかかって痛くなってきていました。ちょっと忙しいな、と思うと目から肩や背中に痛みが出て、最後は頭痛になってしまっていたんです。今回は忙しい時期にはそうなりませんでした。

 

○ロルフィングを受けてみようと思ったのは?

女優の大倉マヤさんのファンで、こちらのサイトのインタビュー記事を読んだことがキッカケです。もともとアロマやマッサージには興味があり、マヤさんのインタビューを見て、身体によさそうだと思って施術を受けてみることにしました。教員の仕事は基本的に忙しく、継続して身体のメンテナンスをすることは難しい環境です。他の人が代わりにその先生の授業を教えるということはできないため、休むことが難しく、体調が悪くても無理をしてしまうことになります。また、子供たちや保護者、その他の先生など、人との接触が多い仕事ですから、気を遣います。そのため、身体的な部分だけでなく、精神的な面での疲れも大きいんです。「身体のどこかが悪くなったから、治療に行く」ような考え方だと、「また悪くなったらまた通って」というサイクルになって、効率が悪いなと思っていました。

 

○10シリーズを受けて、変化したことは?

 まず、「きちんと歩けるようになったこと」ですね。中学生のころ、足のアザを切除する手術を受けて、1カ月半くらい歩けなかったことがあるんです。左ヒザや左足首に違和感があり、ペタペタ歩く感じだったり、左足に重心を置いて安定して立つことができなかったりしてました。ロルフィングをして、足の裏にアーチがあることに気が付きき、踵もちゃんと地面に着いた感じになりました。地面からヒザの裏を通って、身体に一本のラインがちゃんとできた感じがします。両足がちゃんと着地していると姿勢が安定していますね。

それから仕事で疲れると、肩に負担がかかって痛くなってきていました。ちょっと忙しいな、と思うと目から肩や背中に痛みが出て、最後は頭痛になってしまっていたんです。だんだん姿勢も悪くなってきてつらいな、と思っていたのですが、今回は忙しい時期にはそうなりませんでした。

 

以前は週末になると身体が痛くて、日曜日は疲れをとるために寝て過ごしていました。今は「日曜日に寝てるのがもったいないな」なんて感じ、「丸一日寝て過ごす」ということがなくなりました。さらに言うと、身体を動かすことに関して「面倒くさいな」と思わなくなりました。通勤電車で立ったままでも「座りたいな」と思わなくなったり、板書をしていても「腕が痛いな」と思わなくなったり、そんな感じです。

あと視覚や視界に関する認識が変わりました。視界が広くなったのもありますし、視覚的に目に入ってくる情報の質が変わってきた気がします。これと関係あると思いますが、服選びが変わったんです。今までは色とか柄を合わせて服を選んでいたのですが、自分を立体的に見られるようになったので、色数をあまり使わずに、服のラインが綺麗なものなどを選ぶようになりました。コーディネイトが変化したことで、おしゃれになったと言われましたね。生徒からも「去年と全然服が違う」と言われました。持っている服は変わらないので、たぶん、自分を立体的に見て服を選べるようになったんだと思います。

それ以外に思いついたまま話しますと、体重が減りました。最初のセッションを受けた直後に1キロ減りました。また面白いくらいに他人から「変わったね」と言われます。今朝も同僚の先生に「朝から姿勢がピンとしてるね!」と声をかけられました。まだまだたくさんあります(笑)

 

○10シリーズで印象的なセッションは?

 最後のセッション10が特に印象的でした。物理的、身体的によくなったということが先にあるんですけれども、精神的にすごく安定して、達成感がありました。施術しているのは吉田さんで、私自身が何かをした訳ではないんですけれど、なぜかすごく達成感があったんですね。ホントに終わったあとが清々しくて……物語の主人公になって、最後、帰り道は映画のエンドロールが流れている感じでした。そう思えるくらい達成感があり、清々しかったんです。

私は物語を読んだり演劇を見るのが好きです。通常、作品に感動した場合、その感動は「自分の外」にある出来事に対してですよね。でもロルフィングの場合は、自分の身体の中に変化が起きて、感じるのは自分。実際に姿勢がよくなったり、歩きやすくなったり、変化が自分の身体、つまり「自分の中」に起きるんです。 これは経験として本当に面白かった!

もう1つ挙げるなら6回目のセッションですね。これは背中のセッションで、施術中はすっかりリラックスしてしまって吉田さんの言葉を何となく聞きながら少し眠くなってる感じだったんですけれども、背骨を触れられていたときに、突然、子供の頃の記憶がパーッっと蘇ってきたんですね。私は幼少時にカナダに1年間いたんですけれども、そのときのオタワの川岸の芝生に座ってて、風がふわっときて、光がキラキラしていた、そのとき自分が感じていた、身体の感覚を思い出したんです。

これはうまく言えませんが、目で見た記憶ではなくて、肌で感じた空間の記憶です。何年も思い出さなかったような記憶でした。同時に、好きだった曲も思い出しました。すごくびっくりして、たしかに記憶自体はあるけれど、感じてたことをダイレクトに思い出すことって、ふつうにはないことですよね。「感覚を思い出した」というのはすごくて、すごく興奮しました。つい、家に帰ってから小さいころの写真をひっぱりだしてきちゃいましたね。なんか「もう一度自分に出会い直す」そんな感覚が得られたと思います。

 

 ○ロルフィングについて

 ロルフィングは、「継続的によくなっていきたい」という人にオススメしたいです。単発で「悪くなったところを治しに行く」というのではなくて、普段仕事していて「うまくいかない」とか、「疲れがたまっているな」という人が受けてみると、かなり変わると思います。10回という時間をかけて受けるなりの意味があると思います。「悪くなった部分の治療」とは違うアプローチで受けてみるといいですね。治療というよりは、もう少し気軽に、映画を観たり本を読んだりする感覚で受けてほしいというか……「変化する」という自分の中の感覚がハッキリわかる経験は、なかなかないと思います。旅行をするのと同じような感じがするので、「違う日常を経験する」という意味でも、オススメできますね。

今は自分の足でちゃんと立てていること。バランスが取れて、自分の足でしっかり立てていることが嬉しいです。毎日朝起きて、立って、歩いて、当たり前にやることだけれども、その当たり前の根本をしっかりできると、自分が「自分の人生を生きてる」って実感できるし、毎日楽しいです。

 先生の仕事とロルフィングには、似ているところがあるとも思いました。学校の先生は人間関係を作っていかないとならない仕事なんですけれども、身体の中に繋がりを作るのと似ていますね。人間関係のうまくいかないところをフィックスしていくんですけれども、どういう考え方でフィックスしていくか、そういう考え方もしっかりしていて、ロルフィングの考え方は参考になるし、本当に面白いです。

10シリーズはすごくドラマチックでした。実際にやっていた一つ一つの動き自体は、何気ないことだったですけれど、それが吉田さんの手にかかると別の意味を持ってくる、今思っても不思議です。私自身意外に飽きっぽい方なのですが、毎回変化が楽しみで、ワクワクして通えました。

 

○ロルファー・吉田の印象は?

安心してセッションをお願いできる方だと思います。例えば人体解剖図などを使ってわかりやすく、詳しく教えてくれるので、体のことも勉強になりました。また、毎回何かしらセッションに仕掛けがあって、それを考えてやってくださっていたのかなと思います。動きが多い回、静かな回、いろいろアプローチが違って、毎回飽きないセッションでした。ほかのロルファーさんはわからないですけれど、吉田さんはそういう仕掛けの多い、ひきだしの多いセッションをする人ですね。私は知らない人に体を触られることに抵抗があるんですけれど、全然大丈夫でした。吉田さんは説明も上手だし、こちらの意思を確認して進めてくれるので、安心できます。ほんと毎回、楽しかったです。

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト