· 

ワンチームで突破する

ロルフィングに終わりがあります。「10シリーズというのは10回で終わりです。」というと驚かれる方がいます。「始まりがあり、終わりがある。」この世の摂理の一つだと思うのですが、なかなかこのコンセプトを理解してもらえないことがあります。

 

終わってしまうのですか?

 

 シリーズとしては一度終わりますが、関係性がなくなる訳ではないですね。


終わってしまっても必要な人とはまた出会うものです。 ある目的の為に集まって、目的を成し、そしてまたそれぞれの生活に戻っていく。またある目的が生まれたら集まって、目的を成し、そしてまたそれぞれに戻っていく。とても健全なスタイルのような気がします。


その目的がたまたま健康だったり、何か取り組まれているスポーツだったり、違和感の解消だったりするだけで、10シリーズを成し遂げたこのワンチームの感覚は、生涯続いていくものです。



これは制作時代とロルファー時代、特に変わることのないスタンスです。

 

職能的にセッションでも、ワークショップでも、講座でも、またプライベートでもあまり変わりなく、飲み会でも、サークルでも、家族でも、どこでも同じような気がします。


ワンチームでいく為には、自分のスペシャリティと興味と主体者感覚が大切なんだと思います。自分の心身も、自分ごと化し、セルフの力を付けていく、健康力、調整力、レジリアンスな心身の力、リソースを増やすことをサポートしています。

 

このロルフィングのコンセプトは、前職のプランニング&クリエイティブを掲げた会社立ち上げ当初からのユニットというスタンスにとても合ったものでした。それから僕はロルフィングの基本コンセプトに恋をして?、ロルファーへの道を歩み始めた感じです。


それから9年目になります。アドバンスロルファーになったあたりから、マインドテーマにも対応し始め、身体だけでなく、心身テーマでのセッションを提供してきました。

 

そして、自己変容、人生の正午、喪失や家族、関係性、発達障害、など、個人化していく社会で生じてくる歪みや、魂の再構築なども扱うことも増えてきています。成熟化していく日本社会を出会った一人一人との接点から見つめていきます。グルグル回転し続けている葛藤の次へのシフト、身体的な状態改善や気づきで自分を取り戻していきましょう。

 

10シリーズ2度目、3度目という方もいます。

また別の目的をワンチームで突破していきましょう!

 

 

今年もよろしくお願いします。

 


Bodymateにて 人物インタビューされました。

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト