· 

セッションレポート 終わりがある

セッション6。

 

仕事のあと、ロルフィングに行く。

 

今日は背中側へのアプローチ。

お尻の後ろのあたり(仙骨・尾骨?)

を伸ばしてもらっているとき寝そうになる。

 

その様子を見たからか、先生は話し始めた。

興味深い話だった。

 

ロルフィングには中心となる5つの考え方があるそうだ。

1。Holism

2。Support

3。Adaptability

4。Palintonisity

5。Closure

 

特に気になったのは、5のクロージング。

ものごとにはちゃんと終わりがある。終わらせることが大切。

ゴールを持たせるということ。なるほどな。

 

体は、ひとつひとつが独立しているけど、

邪魔をしないで協調していけるようにか。。。

人間関係と一緒なんだな〜。

 

何気なく始めたロルフィングだけど、私の仕事と考え方が一緒だ。

通常は、言葉によってそれをするわけだけど、体から変わるのは、なんか新鮮。

「人生が変わる」という点では共通している。

 

立ち上がると背中側に新しい体が出来たよう感じる。

 

 

追記 お風呂に入っているときにシャワーのときに思い出したこと。

 

今日、左足は地面を感じないでひざのあたりを感じる。つまっている。と伝えると、

こともなげに先生は、神経の繋ぎ直し(?)をしてくれた。

5秒くらい触れただけ。立ってみるとちゃんと左足の裏を感じる。なんなんだ、この人。

 

 

 

※ロルファー注釈

終わりがあるから始まりがある。そうして新しい自分が始まるのです。ロルフィングは身体教育プログラム。小学校と同じように卒業していきます。そしてまた戻ってきた時には、中学校のカリキュラム、高校のカリキュラム、大学のカリキュラムも用意はしてあります。でもとりあえず10シリーズを全ての人に受けて欲しいです。自己活性化への第一歩です。

 

 

 

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト