カテゴリ:blog



人生の節目 · 2020/10/28
「無事に出産しました。」 というメールと写真が友人から届きました。 出産おめでとうございます。心の中で生まれてきた子の幸せを祈りました。 写真には、お母さん(おばあちゃん)も写っていて、神妙そうな顔をしていました。お母さんも、おばあちゃんとして、感慨深いものがあったのでしょう。...
パラダイムシフト · 2020/10/26
ロルフィングを提供するようになって、サロンには色々な業界のクライアントが来られます。 かつて関わった業界の方、全く知らない業界の方、セッションの傍、溢れてくる話を聞いているだけでも興味がそそられます。 思えば、仕事意識の高い日本、姿勢や身体の癖は、職業で作られる職業病なのではないか。そんな風に思うこともあります。...

Rolfing · 2020/10/24
体の中にも関係性があります。 例えば足首と膝の関係性。それに股関節が入るとちょっと変わります。 また指の関節との関係が入ったり、それが上半身にどういう影響を与えているか。 など体の中の関係は複雑です。 関係性を良くして、体の動きをスムースにしていく。そんなこともやります。...
Client’s Voice · 2020/10/22
ロルフィングを言葉で説明するのは、ほんとうに難しくて、うまく言えませんが身体自身が一番理解している気がします。 今まで頭は頭、腕は腕というようにバラバラだったのがロルフィングを受けて身体がひとつにつながって動いている気がします。そして心と身体が不思議なほど素直になってきました。(→全文) (ロルファーコメント)...

場の力 · 2020/10/20
こんばんは。 コロナによって生じたソシアルディスタンスは、それまでの社会的距離感から少し人間の身体を離しました。 例えばパーソナルスペースという言葉あります。 親密距離 0〜0.45m、 個体距離 0.45〜1.2m、 社会的距離1.2m〜3.5m、 それ以上を公衆的な距離とされてきました。 それがコロナによって、この距離感がさらに徹底された感があります。 さらに、...
Client’s Voice · 2020/10/16
ロルフィングを受けたことで変化したこと、生活の中で役に立ったこと。 ●一番に思うのは、日常生活を送るのが楽になりました。 ●電車に乗るのもつらい状況から解放され、通常の生活が送れるようになりました。 ●体の感覚や感受性があがりました。 (→全文) (ロルファーコメント)...

自分が構築した世界、現実があまりに息苦しくなったら、その状態の今は、脱ぎ捨てる時かもしれません。案外、脱いでも大丈夫かもしれません。自然体の人間の力はすごいものです。 人間は自分が知覚するものの中でしか感じられません。世界を切り開いていくのは、結局、体のような気がします。 と書いたのは2年前でした。...
Make Time for Yourself · 2020/10/10
ロルフィングは普通、何歳くらいに受けるものですか、というのもよく聞かれる質問です。 そんな時は自分が受けたいと思った時が適齢期です。とお答えすることが多いです。...

BOOK · 2020/10/08
少し古い本で恐縮ですが、僕がオーストラリアに住んた後、日本に戻って来てから、日本語の感覚がまだ戻らない中、リハビリ的に日本語を読みはじめた時に出会った本をご紹介します。 何も持たずに生まれ、何も持たずに死ぬ。灼熱の大地,オーストラリアのアボリジニ〈真実の人〉とともに旅した女性の120日間の記録です。...
こんな質問を受けました。 静かなセッションしている時に何を考えていますか? 何も考えずにボーッとしている時が多いですが、イメージしている時は、記憶に残る美しい風景を思い出していることが多いです。...

さらに表示する

updated  blog


Bodymateにて 人物インタビューされました。

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト