pertnership · 2019/01/23
朝起きると、苦虫だった。というのは、カフカの「変身」での話ですが、朝起きていつも同じ自分というのは、本当のところ、どうだか分かりません。...
Client’s Voice · 2019/01/21
『扉が開いた。』 それがセッション3後に抱いた気持ちです。ロルファーが右腰に手を当てていると、右膝に嫌な感じ溜まっていきました。痛みはありません。ただ嫌な感じ。それが一体なぜなのか、身体に耳をすませていました。そして、学生時代に右膝を故障したことを思い出し、不思議なことにすっかり忘れていたその頃の恋愛感情が浮かんできました。...

雑記 · 2019/01/19
こんにちは。11月29日から突如ギターを毎日触れる生活に。 楽器というのは不思議です。形といい、質感といい、奏でられる音といい、なんと愛しき存在であるか!こんな4つ、5つのコードでこんなにたくさんの曲を弾けるなんて!演奏の楽しさを実感しています。楽しすぎる!...
雑記 · 2019/01/17
小学生から、毎年1学年づつ上がり、中学生になるとちょっと成長した感じがしました。やがて高校になりまた少し成長、大学生や専門学校などに進んだ時は、もう成長の意識よりも、別の意識に移っていることも多いでしょう。そのあとは、成長というよりは、経済とか、立場、地位とか、関係性の変化、あと気になるのは老化などしょうかね。...

Client’s Voice · 2019/01/16
「脚の形が変わるかもしれない」というのがセッション2までを受けての私の感想です。 セッション2後、足裏の着地感と右膝の違和感があります。足裏では、足が着地する度に今まで無感覚だったところが着地したことを感じるようになっています。それは違和感なんですが、安定感があります。そして、いつもより半歩前に自分がいる感覚がしています。...
持続可能な社会 · 2019/01/14
こんばんは。娘の発案で、我が家では東京オリンピックのボランティア登録エントリーを皆で済ませました。応募者の方が多いので、マッチング後、連絡があれば、参加を楽しみたいと思います。 さてボランティアの朸状況を少し調べて見ると、応募完了者は、18万6101人、性別は男性が37%、女性が63%で、日本国籍の人が63%、外国籍の人が37%だそうです。...

体から学ぶ · 2019/01/12
こんにちは。今日は、毎月行くお気に入りの博物館へ行ってきました。 縄文時代の土器などで、煮炊きに使う土器や、狩猟に使う石器など、労働生産、厨房、工具など機能的な道具類を「第1の道具」と呼びます。これに対し、形から用途、機能を推測することが難しい道具を「第2の道具」と呼びます。土偶や石棒などがこれに当たります。...
体から学ぶ · 2019/01/11
ロルフィングは、身体をリリースするもの、ゆるめるものだと思っているかもしれませんが、実は、時には、身体から、人生や、現実の”ねじまき”のような作用をすることがあります。留まっていたものが動き出す。今時の言葉でいうと、ワーク&ライフバランスがとりなおされます。...

Client’s Voice · 2019/01/09
  ●動機  身体に不調がないにも関わらずロルフィングを受けようと思った理由は、今後の自分の在り方を考えたときに行き詰まりを感じたからです。自身のこと、親のこと、家族のことを考えると、自分がどうしたいのか混乱し途方に暮れていました。...
自分と出会う · 2019/01/08
さて「映像とアクティビズム」という講座に出てきました。社会学を学んだ僕のテリトリーで、今回は「社会変革とメディアの在り方」についての学びました。 統制気味のメディアの外に出て、リアル情報に触れると体の中で騒ぎ出すものがあります。僕の中にも、変革の魂があるようです。...

さらに表示する